帯状疱疹ワクチン

帯状疱疹ワクチン

帯状疱疹とは水ぼうそうのウィルスが治った後も神経の付け根に潜んでいて体調が悪く免疫力が落ちているときに発症する病気です。1本の神経に沿って小さな水ぶくれが帯状に出現します。体の片側だけに現れるのが特徴です。つまり水ぼうそうにかかった人はみんな発病する可能性があります。日本人は不顕性感染(知らないうちにかかって治った人)も含めておよそ90%の人が水ぼうそうにかかったことがあると言われていますから、その人たちがみんな発症する可能性があります。

 

 

 

 

発病2~3日前から水泡の出現する部位にピリピリとかチクチクとかいう痛みが出現します。50歳代からの発症が多く80歳までに3分の1の人が発症すると言われています。抗ウィルス薬の内服や点滴で2週間くらいで治りますが、発症後20%くらいの人が帯状疱疹後神経痛になってしまいます。帯状疱疹後疼痛とは、皮膚の水泡は消えたのに痛みだけが、何か月、時には何年間も続く症状です。ウィルスによって神経が傷つくことが原因です。「焼けるような」「締め付けるような」持続性の痛みや、「ズキンズキンとする」痛みが特徴です。かなり辛い痛みです。帯状疱疹後疼痛になりやすい要素として、年齢(高齢者に多い)、痛みが強い、皮膚症状が重症、治療開始の遅れなどがあります。帯状疱疹という病気を知らなかったり、気が付かなかったりして治療の遅れる人もいます。
予防のための2種類のワクチンがあります。

乾燥弱毒生水痘ワクチン「ビケン」8,000円
帯状疱疹の予防(予防接種・ワクチン) | 帯状疱疹.jp (taijouhoushin.jp)

帯状疱疹ワクチン「シングリックス®」筋注用 1回22,000円
帯状疱疹予防.jp|帯状疱疹の原因から症状・予防について (taijouhoushin-yobou.jp)

 

ワクチンの種類
 (商品名)
帯状疱疹生ワクチン シングリックス
発生抑制効果 51.3% 50歳以上  97.2%
70歳以上  89.8%
帯状疱疹後神経痛抑制効果 66.5% 50歳以上 100%
70歳以上  85.5%
1回 皮下注 2回(2か月後に2回目) 筋肉注射
適応年齢 50歳以上 50歳以上
持続期間 3~11年 9年以上
副反応 接種部位の痛み・腫脹・発赤 3~7日で消失

接種部位の痛み・腫脹・発赤・筋肉痛・
倦怠感・胃腸症状
3~7日で消失

費用 8,000円 1回22,000円 2回で44,000円
特徴 化学療法やステロイドなど
免疫を抑える治療をしている方、
免疫力が落ちている方(HIV感染等)

*帯状疱疹にかかると重症化して入院治療が必要になったり、痛みが長く続く帯状疱疹後疼痛が発症する可能性があるため、接種費用はかかりますがシングリックスがお勧めです。

一番上に戻る
0467-79-8348再診専用予約システム
看護師募集検査技師募集医療事務募集放射線技師募集