消化器内科

消化器科とは?

食道、胃腸、肝臓、胆嚢・胆管・膵臓などの病気の診療を行っています。

消化器科の対象疾患

逆流性食道炎、食道がん、急性胃炎、慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、急性胃腸炎、虚血性大腸炎、過敏性腸症候群、大腸がん、肝炎、胆石症、胆嚢炎、急性膵炎、慢性膵炎などです。

こんな症状や検査結果の時にお越しください。

  • 胸やけがする
  • 胃部不快感、胃の痛み、吐き気、食欲不振などの症状がある
  • 検診で胃の異常を指摘された
  • 胃にピロリ菌がいると言われた
  • 腹痛がある
  • 下痢、便秘がある
  • 近頃、アルコールや天ぷらなどを食べた後にお腹や背中が痛くなる
  • 検診で肝臓の値が高いと言われた
  • 脂肪肝があると言われた

よくある消化器疾患と治療法

逆流性食道炎

逆流性食道炎胃液や胆汁が何らかの原因で食道に逆流して、食道の粘膜に炎症をきたす症状を逆流性食道炎と言います。胃が食道側に引き上げられた食道裂孔ヘルニアの状態になり繰り返す人もいます。 食生活の欧米化やタバコ・飲酒・肥満などの生活習慣の悪化、ストレスにより日本人に増えている病気です。 また、腰の曲がった高齢者の女性に多いことが知られています。

逆流性食道炎の要因

1食生活の変化

脂肪の多いもの、甘い物を食べると胃酸が多くでます。 食道に胃酸が逆流しやすくなります。

2生活習慣の悪化

飲酒やタバコは逆流性食道炎の発生を促進します。

3ストレスの増大

ストレスは、食道の働きを弱くします。

4高齢者(特に女性)の腰が曲がった

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎の主な症状には胸やけ(胸がやけるような感じ)、ノドの違和感(イガイガ)、ゲップ、胃が重苦しい、おなかが張るなどがあります。 これらの症状が頻繁に続く場合、逆流性食道炎という病気の可能性があります。 また、これらの症状はひとつだけではなく、重複してでる場合もあります。

胃・十二指腸潰瘍

胃・十二指腸潰瘍胃や十二指腸の粘膜は、胃液によって粘膜自体も絶えず消化されています。一方、粘膜は胃酸に負けないように盛んに再生するとともに、粘液を出して攻撃から守っています。 胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、粘膜が胃液の攻撃にさらされて粘膜や組織の一部がなくなる病気です。粘膜が掘られている状態です。 鎮痛薬ピロリ菌はこの障害が起こりやすくします。

胃・十二指腸潰瘍の症状

胃・十二指腸潰瘍胃部の痛みや不快な症状を感じたり、吐き気、嘔吐、腹部の膨満感、胸焼け、食欲不振が出現します。さらに病気が進行すると、その部分から出血して吐血や下血(便に血液が出ること)となったり、穿孔(胃・十二指腸に穴があくこと)すれば、腹膜炎を起こします。吐血・下血・穿孔は命にかかわる状態です。

再発しやすい胃・十二指腸潰瘍

胃・十二指腸潰瘍は治療して1年以内に約60~80%の人が再発すると言われています。 ピロリ菌に感染している場合には、除菌療法によって再発は非常に少なくなります。 除菌療法は薬を1週間飲むだけでいつでも行えますから、気軽にご相談下さい。

内視鏡検査で分かる病気

上部内視鏡検査、いわゆる胃カメラは、逆流性食道炎、急性、慢性の胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃がん、食道がん、ポリープといった疾患の診断・検査に有効です。

次のような症状の際に胃カメラ検査をお勧めします。

  • 胸やけ
  • 呑酸(酸が込み上げる)
  • げっぷ
  • 胃もたれ
  • 胃の痛み
  • 吐き気
  • 食欲低下
  • 体重減少

原クリニックでは直径5.9mmの極細の鼻から入れる苦しくない胃カメラを行っています。 ご希望によって麻酔の注射も行っています。

TEL 0467-79-8348

腹部超音波検査(腹部エコー)

超音波検査は、高周波の超音波(人間の耳には聞こえない音)を使って腹部臓器の病気を調べる検査です。
お腹にゼリーを塗り、プローベという器具を軽くあてます。
調べたいところをリアルタイムで、モニターを見ながら観察していくので、気になるところを念入りに診ることができ、
1回の検査で非常に多くの情報を得ることができます。

超音波は無害ですから繰り返し検査しても、被曝などの危険はなく、痛くない検査です。使用するゼリーも無害で、
簡単に拭き取れるので安心です。検査終了時に暖かいタオルで拭き取ります。

検査時間は、10~20分です。腹部超音波検査は空腹の状態で行います。食事をせずに来院していただければ、すぐ検査を受けられます。

どんな病気がわかるか

肝臓・胆のう・胆管・胆のう・すい臓・脾臓・腎臓や、子宮・卵巣、一部の腸の病気の病気がわかります。

  • 【肝臓】原発性・転移性肝臓がん、肝血管腫、のう胞
  • 【胆のう】胆のう結石(胆石)、胆のうポリープ、胆のうがん、胆のう腺筋症
  • 【すい臓】すい臓がん、粘液腫瘍、のう胞、結石
  • 【腎臓】腎臓がん、腎結石、のう胞、尿管結石
  • 【脾臓】脾腫、腫瘍
  • 【卵巣・子宮】卵巣がん、卵巣のう腫、子宮筋腫、子宮がん
  • 【その他】大腸がん、後腹膜腫瘍

胃・大腸は内視鏡検査、卵巣・子宮等の婦人科疾患は婦人科での検査を行ってください。

胆石症

肝臓の下にあって肝臓から出る胆汁をためておく袋が胆嚢です。ここに結石ができて痛くなるのが胆石症です。まったく痛くならない胆石症もあります。天ぷら、とんかつ、卵など脂っこいものを食べた後、急に「胃」が痛くなったというときは胆石症を疑いましょう。昔、胃痙攣と言っていたのは胆石発作だったのでしょう。

超音波検査やCTスキャンで診断できます。治療は痛みのあるものについては手術が適応です。ウルソなどの薬で溶けることはまずないと言って良いでしょう。現在では、お腹に数ヵ所、小さな穴をあけて腹腔鏡という内視鏡で胆嚢ごと摘出術を行うことが多くなりました。胆嚢を一緒に取ってしまうのは、胆嚢が残っていると胆石が再発しやすいからです。腹腔鏡で手術をすると、術後、痛みが少なく、数日で退院できるようになりました。胆嚢はなくても日常生活にほとんど不便はありません。砕石術があると勘違いしている方もいますが、砕石術は腎臓や尿管結石に対する治療です。

胆嚢炎

胆嚢に炎症が起こるのが胆嚢炎です。胆石に合併して起こすことが多いです。上腹部の痛みとともに発熱がみられます。診断は腹部超音波やCTスキャンで行います。治療は抗生物質投与を行いますが、チューブを胆嚢に刺して胆嚢内の膿を出す処置を行うこともあります。急性期に手術する場合もあります。胆石があれば炎症が落ち着いてから手術となります。

急性膵炎

胃の裏側にあって消化液の膵液やインスリンなどのホルモンを分泌する臓器です。炎症を起こすと激しい腹痛が起こります。胆石症や大量飲酒などが原因となります。抗生物質とFOY、ミラクリッドなどの膵酵素阻害剤で治療します。血液検査と腹部超音波やCTスキャンで診断します。

慢性膵炎

急性膵炎を繰り返しているうちに膵炎は慢性化することがあります。 膵臓の機能が衰えるため、下痢を起こしたり、インスリンの分泌が低下して糖尿病が悪化したりします。急性膵炎と同様の治療を行いますが、大量飲酒を繰り返す患者さんは消化力が低下しているため下痢をしたり、栄養状態が不良です。 急性肝炎 A、B、C型肝炎などのウィルスや薬物などで起こります。発熱、風邪症状、黄疸、褐色尿などの症状が見られます。血液検査、腹部超音波、CTスキャンで診断します。入院治療が必要な場合があります。

慢性肝炎

B、C型肝炎や薬剤性の急性肝炎から移行したり、知らない間に、B、C型肝炎にかかっていて慢性肝炎になる人がいます。進行すると肝硬変に移行するため適切な治療が必要です。現在では、B、C型慢性肝炎には有効な薬も開発されています。 B、C型慢性肝炎は肝臓がんになる可能性があり、治療とともに定期的な血液検査、超音波検査などが必要です。

肝硬変

肝炎ウィルスウィルス性、アルコール性などの慢性肝炎が進行すると肝硬変になります。字のごとく、肝臓が線維化し硬くなる病気です。肝臓は体の生化学工場といわれる臓器ですから、体をつくる成分が不足して栄養状態が悪くなります。アミノ酸などの栄養素を内服して体調を整えます。しっかり治療を受けましょう。

腹部超音波検査でわかる病気

肝臓、膵臓、腎臓、胆嚢、脾臓、膀胱、前立腺、腹部大動脈などを検査します。脂肪肝、肝炎、すい炎、胆のう炎、胆石、胆のうポリープ、腎結石、大動脈瘤、がんなどがわかります。検診で肝臓が悪いと言われたときはこの検査がお勧めです。

TEL 0467-79-8348

虚血性大腸炎

腹痛と下痢、下血(便に血液が混ざる)が症状です。大腸粘膜の血行が一時的に悪くなって粘膜が傷んで出血する病気です。時間がかかりますが完治します。

大腸がん

下血、便秘、下痢などの症状がでたら検査をお勧めします。痔だと思っていて大腸がんのことがありますから、大腸カメラを受けましょう。目に見える出血がない場合でも大腸がんのことがあります。このような場合は検便をお勧めします。トイレに流してしまうものを検査するわけですから安全な検査ですね。

痔とは肛門部分の名称です。一言で痔といっても、肛門の血管に血液が水風船のように溜まって出血する痔核(いぼ痔)(肛門の外なら外痔核、中なら内痔核)と、便秘や下痢のときに肛門の粘膜が裂けて出血する裂肛(切れ痔)があります。 痔核や裂肛のほとんどは食生活と便通を整え、肛門に軟膏をつけると良くなります。痔核は肛門の外にはみ出して来るようになると下着が汚れたり、何時でも便意を感じるようになるので手術の適応になります。手術は痔核を血管とともに取る手術や注射で血管を固めてしまうものがあります。この他、肛門周囲に膿がたまって腫れる肛門周囲膿瘍というのがあります。膿がたまっているので抗生物質を投与しますが、切開して膿を出さなければならない場合もあります。それに引き続いて起こる痔ろうは肛門内と肛門周辺の皮膚がトンネルで繋がってしまうものですが、じくじくして下着が汚れたりします。治りにくく、手術適応の場合があります。

一番上に戻る
0467-79-8348再診専用予約システム
看護師募集検査技師募集医療事務募集放射線技師募集