過敏性腸症候群

過敏性腸症候群

腹痛下痢がずっと続いている。通勤中、仕事中に何回も便意を催してしまう。お腹がはる。ガスがでて仕方がない、便秘と下痢を交互に繰り返す、などで辛い思いをしていることはありませんか?
これらの症状は過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome:IBS)と呼ばれる病気です。
過敏性腸症候群は腹痛、腹部不快感、便通異常(下痢、便秘)などが長い間続いているのに、大腸カメラや血液検査をしても異常が見つからない病気です。「異常ありません」「問題ありません」「心配ないです」などと言われ、いろいろ薬を出されても良くならない。

今まで本当に辛かったですね。

過敏性腸症候群は、ストレスなどが原因で腸管神経の過緊張による腸の運動機能亢進によって生ずると考えられています。
過敏性腸症候群はその病態から、下痢型、便秘型および両方を繰り返す交替型の3 つのタイプがありますが、日本人の12.5%の成人が何らかの症状を持っているといわれています。

スッキリ良くなります!

治療法

整腸剤、下痢止め、便秘薬などいろいろ使われています。
下痢型なら下痢止め、便秘型なら下剤で改善することもあるでしょうが、下痢と便秘を繰り返す場合には困りますね。また、特に会議や試験前の緊張した時の腹痛、便意はなかなか良くならない方が多いと思います。周りの目も気になります。
トイレにすぐ行けなかったり、「またトイレ?」などといわれると辛いですね。

こういうときにストレスに効く薬が驚くほどの効果があります。一度、ご相談下さい。

胃が痛い。胃カメラをやっても何でもないし、薬をいろいろもらったけれどちっとも良くならない。

最近は、このような病気は非びらん性逆流性胃食道逆流症、機能性ディスペプシアなどと呼ばれていますが、そんな方もご相談ください。原クリニックでは、苦しくない鼻からの胃カメラや腹部超音波を行うこともできますし、ストレスが原因となるこのような病気に真剣に取り組んでいます。「何でもないよ。」などとそっけない対応はいたしません。美味しくご飯が食べられて、快食快便、スッキリ寝られるようになりましょう!

TEL 0467-79-8348

一番上に戻る
0467-79-8348再診専用予約システム
看護師募集検査技師募集医療事務募集放射線技師募集