高齢者肺炎球菌

高齢者肺炎球菌

65際からの肺炎予防

ご存じですか?
肺炎は、日本人の死因第3位だということ。
しかも、肺炎により亡くなる方の95%以上は、65歳以上の方なのです。

日本における死因別にみた死亡率の年次推移

肺炎って、どのような病気?

肺炎は「風邪をこじらせたらかかる」「冬に多い病気だろう」と思われている方も多いでしょうが、細菌やウイルスなどが、からだに入り込んで起こる命にかかわるたいへん危険な肺の感染症です。
症状としては、発熱、咳や痰、息苦しさや胸の痛みなどがあげられます。
肺炎の原因となる細菌やウイルスはどこにでもいて、普段、元気な方でも、持病の悪化や、体調不良などからだの抵抗力(免疫力)が弱まったときかかる病気なのです。
肺炎が重症になれば死ぬこともあるのです!
日常でかかる肺炎の原因菌で最も多いのは肺炎球菌です。

肺炎球菌また肺炎球菌が引き起こす主な病気としては肺炎、気管支炎などの呼吸器感染症のほか、副鼻腔炎、中耳炎、髄膜炎などがあります。

「肺炎球菌ワクチン」はこのもっとも頻度が高い肺炎球菌を予防するワクチンです。

当然ながら、肺炎球菌以外の微生物による肺炎の予防効果はありません。

くれぐれも「肺炎球菌ワクチンはすべての肺炎に有効ということではない」ことを理解してください。さらにこのワクチンには「肺炎予防効果」とともに、肺炎球菌による肺炎になっても軽症ですんだり、抗生物質が効きやすいなどの効果もあります。肺炎球菌ワクチンとは、肺炎球菌によって引き起こされるいろいろな病気(感染症)を予防する効果のあるワクチンです。
肺炎の症状は、風邪の症状に似ていることも多く、「発熱・咳・痰・息苦しさ・胸の痛み」などがあります。これらの症状でつらい場合は、できるだけ早めに病院で診察を受けましょう。ただし、すべての方に、これらの症状が出るとは限りません。年齢があがるほど、

熱や咳が出ず倦怠感が続く、食欲がない。

など、症状がわかりづらい場合があります。

元気がない、ちょっと変だぞ!

という場合には、必ず病院を受診してください。また、インフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンを接種していても、ほかの病原菌などにより肺炎が起きることもありますので、症状がある、もしくは不調を感じる場合には、必ず病院を受診してください。
でも、一番大切なのは、

肺炎にならないこと

つまり、

予防が大切

なのです。

肺炎球菌ワクチンは安全ですか?

ワクチンインフルエンザワクチン並に安全です。

安全性は高いといわれ、重篤な副反応は極めてまれです。
よくみられる副反応には、注射部位のかゆみ、疼痛、発赤、腫脹、軽い発熱、関節痛、筋肉痛などがあります。接種日から2日後にかけて腕の疼痛などの局所反応は2~3%、筋肉痛37.5度以上の発熱は10%以下です。多くは1~3日で消失します。

ワクチン再接種は?

ワクチンには、病原体を弱毒化した「生ワクチン」とホルマリンなどの薬剤処理で毒素活性を消失させた「不活化ワクチン」がありますが、肺炎球菌ワクチンはこの不活化ワクチンです。抗体価は接種1ヶ月後で最高値となり、その後4年間はあまり低下しませんが、 5年後にはピーク時の80%にまで抗体価が落ち、以後徐々に抗体価は低下します。しかし、5年目以降も効果は持続します。

インフルエンザワクチン接種の場合には、2回目の接種で1回目以上に抗体価が上昇する「ブースター効果」がみられますが、肺炎球菌ワクチンではそのような増強効果はみられません。逆に、短期間で再接種を行うと接種した部位での強い副反応が増加します。

日本での重篤な副反応の報告は3例で、アナフィラキシーショックはなく、死亡例もない。重篤な副作用は、いずれも基礎疾患によるものか、副反応によるものかはっきりしないものでした。「ニューモバックス」では、2例/1千万例の頻度でアナフィラキシー様反応(急激に起こる重篤なアレルギー反応)がみられたとの報告もあります。「初回接種はインフルエンザの予防接種と同じくらい安全」と考えてよいと思います。

ワクチンの效果が下がるのを心配して再接種をお考えの方は5年以上間隔をおけば副反応も減り、大丈夫なようです。

費 用

原クリニックは綾瀬市・座間市・海老名市にお住いの方の肺炎球菌予防接種を、市の助成を受け接種できる医療機関です。

対象
綾瀬市
  1. 当該年度に65歳以上になる方(昭和29年4月1日以前生まれの方)
  2. 予防接種を受ける日に満60歳以上65歳未満の方で、呼吸器疾患、心疾患、腎疾患等で医師が必要と認めた方及びヒト免疫不全ウィルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害のある方(身体障害者手帳1級に相当)
    ※前回の接種より5年間経過していると、再接種が受けられます。(綾瀬市の助成は生涯2回まで)
    (初回接種よりも注射部位の痛み、腫れなどの副反応が強くでることがあるため)
座間市
  1. 予防接種を受ける日に65歳以上の方
  2. 予防接種を受ける日に満60歳以上65歳未満の方で、心臓・腎臓・呼吸器機能で身体障害者1級に該当する方
    過去に接種したことのある方は助成金での接種はできません。
      自費での接種となります。
海老名市
  1. 当該年度に65歳以上になる方(昭和29年4月2日以前生まれの方)
  2. 予防接種を受ける日に満60歳以上65歳未満の方で、ヒト免疫不全・心臓・腎臓・呼吸器機能で身体障害者1級に該当する方
    過去に接種したことのある方は助成金での接種はできません。
      自費での接種となります。
接種期間

平成30年4月1日~平成31年3月31日(綾瀬市の助成は6月1日~)

予防接種の費用
65歳以上の方 65歳以上で市民税
非課税世帯の方
65歳以上で生活
保護受給世帯の方
綾瀬市 3,000円 ※1   0円 ※1   0円
座間市 3,000円 ※2  1,500円 ※3   0円
海老名市 3,000円 ※4   0円 ※4   0円

※1 免除証明書を市役所よりいただき、来院してください。
※2 世帯全員が市民税非課税の方は1,500円
※3 生活保護受給者証をお持ちください。
※4 定期の年齢(65・70・75・80・85・90・95・100歳)の方は無料検診証を
   市役所よりいただき、来院してください。

その他自費接種の方 8,000円
原クリニックへの予約の方法
綾瀬市
  1.  保健医療センター(0467-77-1133)へ連絡または直接保健医療 センター窓口へ申し込んでください。
  2. 問診票が届きましたら、原クリニック(0467-79-8348)へご連絡ください。
座間市
  1.  原クリニックへ直接ご連絡ください。
     原クリニック(0467-79-8348)
海老名市
  1.  海老名市健康相談センター(健康づくり課)046-235-7880
    連絡または直接健康づくり課窓口へ申し込んでください。
  2. 問診票が届きましたら、原クリニック(0467-79-8348)へご連絡ください。

インフルエンザによって細菌性肺炎が起こります。

インフルエンザによって細菌性肺炎が起こります市町村によってはインフルエンザワクチンの予防注射の補助を行っているところが多く、原クリニックでは綾瀬市、座間市、海老名市の65歳以上の方を対象に1,700円で接種が受けられます。他の市町村の方も各役所にお問い合わせください。

肺炎球菌ワクチンとインフルエンザワクチンと同時に接種することは可能ですか?

通常は、

6日間以上開けて

接種します。その際、どちらのワクチンから接種するか、特に決まりはありません。インフルエンザワクチンをお申し込み時に、続けて肺炎球菌ワクチンの接種をご希望の方は、

まず、インフルエンザワクチンをうち、1週間後に、肺炎球菌ワクチンをうつことをお勧めします。

費用は合わせて、4,700円です。

インフルエンザワクチンは有効期間が5ヶ月くらいですから、 必ず毎年うってください。

肺炎球菌ワクチンは1回打つと5年間以上効果が持続します。繰り返します。病気は

予防が大切です!

インフルエンザワクチンは毎年、秋口から接種がはじまりますが、
肺炎球菌ワクチンは、季節を問わず、接種することが可能です。
お気軽にご相談ください。

TEL 0467-79-8348

一番上に戻る
0467-79-8348再診専用予約システム
看護師募集検査技師募集医療事務募集放射線技師募集