在宅酸素療法

在宅酸素療法(HOT)

在宅酸素療法はホット(HOT)と呼ばれています。自宅で小型の機械を設置することによって酸素を吸入する治療法です。肺や心臓の病気で病状は安定していても体に酸素が十分に行きわたらない人がいます。そのために入院や安静にしていなければならない人がいます。このような人でも大がかりな装置や高いお金をかけずに快適な日常生活が送れるようになります。保険診療です。

小さな箱型の酸素吸入装置を自宅に置いたり、マミーカーのように引いたり、リックサックにして持ち歩くことにより、自宅での生活が快適に送れ、運動や旅行もできるようになります。

「たいへんそうだな」

「動かなければ苦しくないから、家にいればいいよ」

「そんな大袈裟な」

そう思わずに、ご相談ください。
原クリニックが1本電話をかけるだけで、装置の設置、酸素ボンベの交換も全部酸素の会社でやってくれて簡単です。

どんな患者さんが在宅酸素療法を受けるのでしょうか?

  • 呼吸器疾患
    慢性呼吸不全、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、肺気腫、間質性肺炎、肺線維症、肺結核後遺症、肺がんなど
  • 心臓病
    慢性心不全、心筋症
  • その他
    がん、神経の病気など

在宅酸素療法の適応基準はあるの?

呼吸不全による身体障害者や厚生労働省が定めた健康保険適用上の基準は、(「在宅酸素療法の適応基準」)がありますが、息切れのある患者さん、指に装着するだけ体の中の酸素量が簡単にわかるパルスオキシメーターで動脈血酸素分圧をみて濃度の低下している患者さんは数値によらず医師の判断で健康保険を適用することができます。

手続きは開始時は原クリニックで酸素を扱う会社に連絡します。ご自宅への設置、管理、定期的な酸素の配達をしてくれます。中止したいときは電話一本ですぐできますから気軽に試すことができます。息切れのある患者さんはお気軽にご相談下さい。

費用はどのくらいかかりますか?

在宅酸素療法は医療保険が適応されています。
酸素装置を病院からレンタルし、毎月の受診の際に使用代を病院へ支払います。

(平成26年4月改定)

ご使用になる医療機器 1割負担 3割負担
酸素濃縮装置+携帯型高圧酸素ボンベ 7,680円 23,040円

この他に診察料や薬代などが加算されます。
身体障害者手帳をお持ちの方は助成が受けられる揚合がありますので病院ヘご相談ください。
濃縮器をご使用の揚合は別途電気代がかかります。

どんな機械なのでしょう?

自宅に場所を取らずにおけます。

在宅酸素療法在宅酸素療法

散歩や旅行にも行けます。
在宅酸素療法(HOT)を取り入れてより良い生活を送りましょう

期待されるHOTの効果

  • 息切れが改善する
  • 記憶力や注意力が改善する
  • 運動や旅行ができる
  • 生き生きとした生活を送れる
  • 長生きができる

幸せを実感して下さい!

TEL 0467-79-8348

一番上に戻る
0467-79-8348再診専用予約システム
看護師募集検査技師募集医療事務募集放射線技師募集